JA北群渋川について

1994年(平成6年)3月1日、北群馬渋川地区(渋川市、伊香保町、小野上村、子持村、榛東村、吉岡村)の7JAが合併し、 北群渋川農業協同組合(JA北群渋川)が誕生しました。
また、2006年(平成18年)には、渋川市、伊香保町、小野上村、子持村、赤城村、北橘村の6市町村が合併し、「渋川市」となっています 。
JA北群渋川は総面積143平方キロメートル、人口7万5千人を有しています。関東平野の北西端に位置し、上毛三山にあげられる榛名山の ふもとで、利根川を東の境としています。中山間地域が多くを占め、豊かな自然が多く残っています。耕作可能地でも400m 以上の標高差があります。
農畜産物は、群馬県が全国生産の9割を占めるこんにゃく芋で、県内第1位の生産量を誇ります。、県内でもっとも長い歴史を 持つりんご、北関東随一の規模を誇る観光ぶどう、チンゲン菜、ブランド牛・榛名山麓牛などさまざまな営農活動を展開しています。

名称

北 群 渋 川 農 業 協 同 組 合
(きたぐんしぶかわのうぎょうきょうどうくみあい)

広報誌 「はばたき」

・バックナンバーPDF

本所所在地

〒377-0008
群馬県渋川市渋川157番地
TEL : 0279(23)3315
FAX : 0279(24)6400

代表者

代表理事組合長 今井 勉

事業案内

・営農事業(購買、販売、倉庫利用、指導、加工、利用)
・信用事業(JAバンク)
・共済事業(JA共済)
・経済事業・農業機械事業・葬祭事業・食材事業・燃料事業・LPガス事業・旅行事業・宅地等供給事業・福祉事業

組合員数

正組合員   3837人 (含 31法人)
准組合員   5380人 (含 22法人)
(令和元年度末)

主な事業量

出資金                  1,440,609千円
貯金総額           84,009,975千円
貸出金総額        11,333,145千円
販売品販売高      2,970,705千円
購買品供給高      1,721,437千円
共済保有高       225,559,211千円
(令和元年度末)

役員数

役員 常勤理事 3名
非常勤理事 11名
常勤監事 1名
非常勤監事 4名
職員 158名
事業所数 17店舗 ( 事務所11店舗、給油所3店舗、集荷所、資材店舗、加工所 )